SEO対策
まったりダイビングをしよう!: ヘッドセット

2008年04月15日

ヘッドセット

中・高校生が携帯電話を繋ぎっぱなしにしていて、電波の無駄遣いって記事を読んだから真似してみようって訳ではないが、使える機能は使ってみよう!とヘッドセットが届きました。
某○IMEからではありません(笑)

P4150132.jpg
“NOISE IS NOTHING”って威張ってる。

今回の発見ものは「Jawbone」 は、骨伝導センサーとDSPを使って、強力なノイズキャンセリング能力を持つらしい。t( ^o^)。o 0
以前、買ったヘッドセットはデッカイお風呂でしゃべっているようで使う気にならずお蔵入り。
今回も同じ事にならなければいいなぁ。と疑いつつも・・・

Jawbone(顎の骨)だもんね。大丈夫。大丈夫。

ケーブルの製品は売ってるが、ここはひとつ!Bluetoothで!

なんか、箱だけでかなり満足だ(⌒o⌒;A
P4150135.jpg
充電器(ACとUSBで使い分け)とイヤーパッドと耳掛けの紙箱

中身はこんな感じのが入ってます。
P4150138.jpg

充電中はランプが「赤」で光る。充電完了で「白」に変わります。
P4150144.jpg
USBから充電してみました。2時間ぐらいって書いてあって本当に2時間かかりましたです。はい。

早速、電源を入れたいところですが先に携帯電話とペアリング。
P4150143.jpg

説明書によると、水色の○の部分は電源を入れる前は3秒押しで「ペアリング」。
電源が入っている時は、3秒押しで「ノイズキャンセラー」、
1回押すと音量があがるらしい。

ピンクの○部分は3秒押しで「電源ON/OFF」らしい。
1回押すと「受話のON/OFF」らしい。

注:「らしい」は英語なのでなんとなく(笑)


電源を入れている時は何秒かごとに白く光ります。
さてさて、どれだけかっこ良くても実際使えなければダメなので、「タダ友」by softbankに電話して早速テスト。

まずはこちらの声と相手の声が普通に聞こえなければそこでアウトですが、そこは難なくクリアー。

ここから「ノイズキャンセラー」のテストですが、先ずはテレビなどの音量を上げてみたところ「聞こえるけど話はキチンと聞こえる」らしいです。
ただし、自分の手を叩いたり、体を使って出す音は確実に聞こえるみたいです。{{{{(;+_+)}}}}

完全に声だけを拾うと思ってはいけません。だよねぇσ(^_^;)
感じとしては、全体的に静かになって声が聞こえる感じでしょうか?
周りが騒がしい分、自分の声も大きくなり聞こえるみたいです。


難点は、最近の小型化が進んだヘッドセットに比べると大きい。
うん。大きい。ぐらいかなぁ。

横着しないで普通にかけた方が聞き易い。そんな事は言ってはダメじゃん。

でも、動きがとれるのはありがたいかも。└(^o^ ) ( ^o^)┘

がんばろ
posted by ひかげくん at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。